眼下の渓谷の水音と、カジカの鳴き声。
PCの環境音ではない生のカジカを聴くのは久しぶり。
遠く谷底から響く彼らの声の、
なんと美しいことか。
日本の秘境と呼ばれる深い渓谷は、
石垣も屋根も何もかもが深く鮮やかな緑に覆われていた。

しばし俗世を離れて、
地酒をちびりちびり。

個展を終えても焦って焦って早く早くという気持ちが抜けず、
暫らくしてそれがやや病的な域にあると気づいた。

深呼吸をして、遠くを眺めて、
少しずつ緩めて。
山深い地で、これから描く世界について考える。

image